アルト一家の「のほほん日記」

愛犬アルトとテナーとメロディーの、ほんわか&のほほんとした日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セカンドオピニオン

今日(9日)、パパさんは、いつもの獣医さんの所に、「セカンドオピニオン」の相談に行きました。

何も言わずに、他の動物病院で診てもらうのか、「セカンドオピニオン」という形をとるのか、パパさんとも、だいぶん悩みましたが、私たちは、後者の形をとることにしました。

先日の検査の結果だけで、治療方針を決めるのに不安を感じる。
主治医を替えるつもりはない。

どれだけ話しても、上記の2点は、私たちの中で変わらなかったので、パパさんには正直に、今の気持ちを先生に話してもらいました。
(そんな事はないとは思うけれど、万が一、私たちが思っている先生とは違う言動があった場合は、最悪「転院」ということも考えていましたが。)

「ガチョウさんを枕に寝ようかな~」
遊びたいのに身体がついてこんなぁ~


先生は、快く、承諾して下さいました。
「何か、新しい事、詳しい事が判明して、自分たちにも手伝えることがあれば、一生懸命治療させていただきます。」
また、「自分の所は、最新の設備がある訳ではないし、また、テナー君のような疾患の場合は、その経過の中での判断が、とても難しいので、より設備が調った病院で診てもらうということは、意義がある事だと思います。」とも。
パパさんの話では、先生は厭な顔をするどころか、テナーの様子や、テナーを見守る私たちのことまで、気遣って下さったそうです。

先生、ごめんなさい。
正直なところ、この度のテナーの病気のことでは、2度ほど「頼りないな・・」と心の中で呟いてしまいました・・私。
ホントに、ごめんなさい。

テナーの資料と先生の診断書が火曜日に出来るということなので、それ以降の日で、出来るだけ早い日に「セカンドオピニオン」を受けに行って来ます。

希望が持てる、良い見解が聞けますように。
どうか、どうか、お願いします。 【“セカンドオピニオン”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2007/06/10(日) 01:04:40|
  2. テナー
  3. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。