アルト一家の「のほほん日記」

愛犬アルトとテナーとメロディーの、ほんわか&のほほんとした日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月10日は、午前も午後も動物病院

12月10日(月曜日)

先ず、午前中に、アルトを、M動物病院に連れて行く。
調子が良さそうなので、ワクチン接種と、来年手術してもらう予定の「乳頭炎(?)」の状態を診て頂いた。

「乳頭炎」は、塗り薬のおかげか、酷くはなっていないのですが、炎症は続いています。
それから、最近、パパさんと気にしていた右前脚の関節のところの脂肪のかたまりのような物を診て頂いたのですが、先生は、アルトの脚を調べた後、「どちらかというと、左前脚のこの小さなコリコリの方が気になりますね。」と仰いました。

先生が指摘して下さった箇所を触ってみると、確かに約1cmくらいのコリコリした球状の物がありました。
「アルト君くらいの年齢の子には、珍しいことではありませんが、急に大きくなったりしていないか、常に触って観察していった方が良いでしょう。」ということでした。
もし、来年の手術の頃までに、気になる変化があるようなら、年齢的にも、そうそう麻酔はかけられないので、一緒に取って頂くということも考えた方が良いかもしれませんね。

来年の1月下旬くらいに手術をと考えていますが、良い状態で受けられるように、アルトの体調を整えていかないと。

診察料(再診1)・・・1050円
ワクチン(D9VⅡ)・・・7000円
調剤料・・・315円
外用薬(耳の洗浄液)・・・1050円

合計 9415円



午後は、テナーを、K動物病院に連れて行きました。

「前回して頂いた左耳の薬剤感受性試験の結果」
テナーの左耳の検査結果

やはり、10月の検査の時と同じように「MRS」と「緑膿菌」が出ています。

肝心の薬剤感受性試験の結果ですが、
先生 「MRSに対しては、飲み薬。緑膿菌に対しては、飲み薬と点耳薬で効くのがあります。若干、肝臓に影響があるかもしれませんが、前回の洗浄で薬剤が効きやすくなっている今、出来るだけ叩いておきたいのですが」

肝臓に対しての影響がどのくらいのものなのかという事も心配ですが、今、外耳炎をある程度までやっつけないと、テナーが麻酔をかけてまで洗浄吸引して頂いた意味がないですものね・・・。

テナーの耳の様子を耳鏡で診て頂くと、先生は「うん!予想以上にキレイですよ。この間の洗浄、テナーちゃん頑張ったものね。」と喜んで下さった。
この時、先生に耳の洗浄と点耳をして頂いたのですが、テナーは以前のように「キュンキュン」鳴くこともなく、大人しくしていた。
やはり、このタイミングで集中的に治療しないと意味がないよね・・。

2種類の飲み薬の内、肝臓に影響があるとすれば、テトラサイクリン系抗生物質の方なのだそうで、点耳薬や、もう1種類の抗菌剤の方は大丈夫ということらしい・・。
パパさんとも相談しましたが、やはり薬を出して頂く事にしました。

次回、通院予定の26日までの薬を出して頂き、テナーの様子を観察しながら服用させ、26日は血液検査をすることになりました。

先生「体調の変化や、明らかな副作用(嘔吐、下痢など)が見られたら、服用を止めて、いつでも良いですから電話してきて下さいね。」

どうか、肝臓に重い負担がかかりませんように。
テナーの体重・・・28.6kg

再診料・・・500円
外耳処置・・・500円
内服薬・・・4800円
内服薬・・・6400円
点耳薬・・・2000円
耳の洗浄液・・・2000円
消費税・・・810円

合計 17010円



「次は、メロだよ~!!」
最近は、よくこんな風に寝ています^^


この間から、テナーのことでバタバタしていて、メロの健康診断(血液検査)が、まだなのよね。
ごめんね。
誰とは言いませんが、一人で留守番出来ない子がいるので、アルトとメロと一緒に病院へ行けないのよね~(笑)
前にも、同じセリフを言ったような・・・。

「僕のこと??」
あっ、起こしてしまった!!

そうです^^
一人で留守番出来ないのは、あなたですよん♪

メロ、来週は病院に行こうね^^
スポンサーサイト
  1. 2007/12/14(金) 02:09:53|
  2. アルト一家
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。