アルト一家の「のほほん日記」

愛犬アルトとテナーとメロディーの、ほんわか&のほほんとした日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

血液検査、そして、エコー検査。

 2月25日 テナー、1ヶ月半ぶりの血液検査

1月、2月、テナーは、絶好調とはいえないまでも、食欲もあり、散歩も楽しそうで、私たちには元気そうに見えていました。
だから、パパさんとも、今回の血液検査について、「もの凄く良くなっているとは思わないけど、きっと悪くはなっていないよね。」と、話していたのです。

でも、実際の結果は、そうではありませんでした。
血液検査の詳細は、こちら

先生の方から「血液検査の結果が良くないので、エコー等の詳しい検査をした方がいい。」ということで、「出来るだけ早く」と、お願いしたところ、予約で一杯のその日の午後にテナーの検査を入れて下さいました。
先生、感謝いたします!

エコー検査の結果
目立った所見は、テナーの胆のうの上部に、胆石のような白い物が写っているのと、下部には胆泥が溜まっているということでした。
(テナーの場合は、以前の検査の時も、少し胆泥が溜まっていたそうです)

但し、その胆石のような物は、3方向から撮った分の1つに写っているということで、確定はされていません。(胆石だったとしても、犬の胆石というのは、人間の胆石のように石っぽいものではなくて、ゼリー状だったり、結晶状だったりするらしい。)
先生は、以前のCT検査(12/1)の結果も見直して下さったそうなのですが、今回の胆石のような物は、やはり写っていないということで、約3ヵ月という期間を考えると、胆石ではなく酷い炎症を起こしているという事も考えられるそうです。

治療について 
今回の血液検査の結果は、昨年の1番具合が悪い時に近く、TCHOの数値からも、胆汁の流れがかなり悪くなっていることが分かります。

先生「昨年効果のあった抗生剤を使ってみて、1週間前後で血液検査をし、効果がないようなら、また違う方法を考えましょう。とにかく、今、1番気を付けてほしいことは、総胆管閉塞症の症状が出ていないかどうか注意するということです。嘔吐・著しく元気がない・食欲不振・下痢・黄疸の症状が現れたら、いつでも直ぐに連絡して下さい。それから、外耳炎の治療は飲み薬をやめて、洗浄と点耳薬だけにしましょう。」

次は、3月1日に、血液検査をする予定です。

テナーの体重  28.4kg


再診料・・・500円
CBC・・・2500円
生化学検査(1項目)・・・2400円(300×8)
生化学検査(ドライケム)・・・500円
生化学検査(TBA)・・・600円
電解質・・・500円
CRP・・・2500円
エコー・・・4000円
内服薬・・・4200円
内服薬・・・2800円
点耳薬・・・1500円
消費税・・・1100円

合計 23100円


「テナーを検査の為に預けて、いったん家に戻り、アルト&メロの散歩。」
メロ「お兄ちゃんとの散歩、久し振りね。」


「帰宅後のテナー」
検査、疲れたでしょう? ゆっくり、おやすみ。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/28(木) 04:37:46|
  2. テナー
  3. | コメント:2
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。