アルト一家の「のほほん日記」

愛犬アルトとテナーとメロディーの、ほんわか&のほほんとした日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月13日 F君 どうもありがとう!!

あれから、ご近所のワン友さんも、いろいろと探して下さっているし、パパさんも私も心当たりはあたっているのだが、やはり、若い大型犬さんは、そんなにいない。

11日(日曜日)、「アルトでは、駄目ですか?」と主治医のY先生に電話で尋ねてみたが、「11歳にもなると、供血後、体力の回復に時間が掛かり、心配。」とのこと。
そうだよね・・。
他のお家のシニアのワンコさんに供血をお願いすることは、とても出来ないが、アルトはわが家のワンコだからと考えたものの、実際、アルトは先日CT検査を受けたばかりだし、前庭疾患もあるしね・・。
(もしアルトとテナーの血液が合うようなら、万が一の為に手術当日、アルトが病院で待機するというのはあり。ただ、やはり、主に使う血液は別に必要。)


そんな中、今日(13日)、アルトの親戚犬のF君のママさんから、「供血、大丈夫ですよ。」と電話があった。
突然のお願いは失礼な事とは思いながらも、前日の夜、メールで「供血」のご協力をお願いしていたのだ。

F君ご一家のみなさま、本当に有難うございます。
言葉でうまく言い表すことが出来ませんが、感謝の気持ちで一杯です。
本当に本当に有難うございます。

F君の血液を200ccも頂くことに申し訳ない・・と思いながらも、テナーの検査が出来ることに、正直な気持ち、安堵しております。
細かな日程は、まだこれからですが、手術に向けて、テナーの体調を整えていかなくては・・。

F君のママさん、ご多忙な中、ご連絡を有難うございました。
大変なお願いですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/13(火) 03:13:55|
  2. テナー
  3. | コメント:6

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。