アルト一家の「のほほん日記」

愛犬アルトとテナーとメロディーの、ほんわか&のほほんとした日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月13日。 決断の必要有り

昨日(12日)の血液検査の結果の表と、プロヘパゾンを頂く為に、今日は私だけで動物病院へ。
(血液検査の結果は、こちら。)

午前の診療時間が終わる少し前だったのですが、他に患畜さんがいらっしゃらなかったので、先生が血液検査の表を持って出て来て下さいました。

先生「点滴が効いているようですね。この調子で出来るだけ抗生物質を使わないようにして様子をみていきましょう。」

表を見てみる。
すると、昨日伺っていたALTとALPの数値の欄の外に、10月29日、ALTが、549。ALPが、1769。と記されている。

先生「最初の点滴の時、注射器の中に残っていた血液を調べた分です。
25日の血液検査から4日後で、ALPなどは、かなり上昇していましたね。それが今回、点滴だけで、これだけ下がっているのですから。」

私は、とてもがっかりしました。
先生は、何故、この29日の数値を私たちに教えて下さらなかったのでしょう。
25日の数値だけでも、私たちは、セカンドオピニオンで効果のあった薬(メトロニダゾールとアモキシシリン)を処方して欲しいとお願いしたのに・・・。
点滴も、一気に数値が上がらないように私たちがお願いした事です。
もし、2度目の点滴の時にでも、この29日の数値を聞いていたら、間違いなく、責任は私たち持ちで、メトロニダゾールとアモキシシリンを処方して頂いたでしょう。

改めて検査結果の表を見てみると、BUN(尿素窒素)の数値(正常値は、7~25)が、3mg/dlまで下がっている事に気が付きました。
セカンドオピニオンを受けている間も、ずっと正常値だったBUNが、戻って来てからの血液検査では、ずっと正常値より低下しているのです。

私「BUNが、ずっと下がり続けているのですが、大丈夫でしょうか?」

先生「テナー君のような場合は、様子をみてみないと分からないんです。今回も、外耳炎で処方した内服薬で状態が悪くなったのかどうかも分からないし・・。向こうの病院の処置で治まっていたのが、また動き出したとも考えられますから・・。」

だったら、何故、実績のある処置(メトロニダゾール等の処方)をして下さらないのだろう??

私「私たちは、テナーの肝臓の状態が、肝性脳症や後天的門脈シャントなどのステージに移らないように出来ることをしたいだけなんです。先日の前庭疾患のような症状も、単なるカート酔いなのか、肝性脳症の前触れなのか、とても心配なんです。」

先生「テナー君は、門脈シャントではないでしょう?」

私「そうです。それは、CTで確認されました。それでも、肝酵素の数値や、TBA(食後総胆汁酸濃度)が上がるということで、肝内にバイオプシーでしか確定できない短絡があると考えられるんだそうです。」

先生「門脈シャントは、先天的なものだから、異常が出るのは、もっと若い時なんですよ。テナー君のような年齢で出るというのは無いでしょう。」

私「テナーは、先天的門脈シャントではなく、肝門脈微小血管異形成症(年齢に関係なく症状が出ます)だろうといわれています。それに、肝臓の状態が悪くなり続けると、肝性脳症や後天的な門脈シャントになる可能性があるといわれています。」

先生「アンモニアの数値なども調べたのですか?」

もう、午前の診療時間も終わり、他の飼い主さんが居ないということもあって、私の緊張感が足らなかったのか、涙が零れてきました。
悲しいのではありません、心底がっかりしたのです。
先生は、テナーの病気を理解して下さっていないばかりか、セカンドオピニオンの資料も把握して下さっていないのです。
私たちは、何の為に、セカンドオピニオンをして戻って来たのでしょう。

先生「後天的な門脈シャントは、そう滅多にありませんから。」

アルトの時もテナーの時も、毎日毎日ネットを駆けずり回って、似たような状況のワンコちゃんのサイトや、情報を掲載されている動物病院の資料などを調べ回っていたのです。
「様子をみて」ばかりではいられません。

先生「絶対にメトロニダゾールを使わないと言っているのではないんですよ。テナー君の場合は、点滴で効果が出ていますからね。これで様子をみられてはどうですか。」

もう、転院・・しかないかもしれません。

調剤料・・・315円
健康補助食品(プロヘパゾン 2週間分)・・・4704円

合計 5019円

「お昼寝中~♪」
メロ、スゴイ寝相だね~

「いくらでも寝られるワン♪」
ひたすら、グーグー♪

スポンサーサイト
  1. 2007/11/16(金) 02:25:00|
  2. テナー
  3. | コメント:2

コメント

たぶん、今、アルトままの考えていることが、ええんちゃうかと思う。
私やったら、きっと、そうすると思う。
  1. 2007/11/17(土) 00:43:02 |
  2. URL |
  3. R+R #W8ANVSuo
  4. [ 編集]

☆ROSSIままさま

うん。
ダンナとも話して、テナーは、セカンドオピニオンで診て頂いた病院へ転院させる事にしました。
やっぱり、状態を把握した上で治療方針を示してもらいたいものね。
 
ホント、日常的なケアなら十分な病院なんだけど、「とりあえず様子をみましょう」の連発は、手遅れになりそうで怖いです。
遠慮なんて、何の意味もないものね。
  1. 2007/11/17(土) 02:28:21 |
  2. URL |
  3. アルトママ #VszepXo6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。