アルト一家の「のほほん日記」

愛犬アルトとテナーとメロディーの、ほんわか&のほほんとした日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レントゲン&エコー

6日(水曜日)、テナーは、レントゲンとエコーの検査を受けました。

手術の予約がつまっているという事だったのですが、午前の診療時間が終わる頃にテナーを預け、手術の合間に検査するのであれば、大丈夫ですと仰るので、1番近いパパさんの休みの6日に予約を入れました。
正直な気持ちは、エコーの時、テナーの傍に居てあげたかったし、説明も検査と同時進行で聞きたかった。
でも、出来るだけ早く検査してほしいというのが、それ以上だったのでパパさんとも話し合い、この日にお願いしました。
(先生からは、「人間用のエコー程は写らない。特に大型犬の場合は写りにくいから、その点は了承して下さいね」と念を押される。何だか、検査の前から、ちょっと、がっかり。)

「テナー、検査の為だから、仕方がないよ。」
半分だけ、スースーするなぁ


検査の結果・・というか、先生の見解。

レントゲン
 肝臓が小さい(小さくなった)。
 どのくらい小さいかというと、ほとんど肋骨からはみ出ないくらいの大きさ。
   
エコー
 やはり、肝臓が小さい。
 エコーで白く写っている部分を指し、硬くなり始めていると・・。


肝硬変の始まりとか、線維化の始まりとか、腫瘍の有無を判断するには、バイオプシーをしてみないと分からないらしい・・。
でも、それには麻酔をしなければならないので、今のテナーの状態では
キツイかもしれないとも・・。

今後、どうしていけば良いか?という問いには、今の薬と肝臓サポートの療法食を続けて、1ヵ月様子を見、また、血液検査をして、調整していく・・。それを繰り返していくしかない・・。

テナーの場合、数値的には、とても悪い状態だけど、食欲があって、散歩も行きたがって、痩せ細っていないから、改善の望みはあると思うと、先生は仰る・・。

ホントにそうなのかな・・。
うまく写らなかった検査の結果だけでも、充分に私たちを落ち込ませたのに・・。
そんなに、のんびり構えていていいのかな・・。

ごめんね、先生。
正直で、心の優しい先生だって、分かってはいるんだけれど・・。
私たちは、ただ、テナーに元気になってほしいのです。


最初の1ヵ月間は、テナーがアレルギー体質だという事と、薬の効果が分からなくなるという事で、療法食やリンゴやさつまいも以外には、何もあげなかったが、もう違う。
これからは、テナーに良いと思うものは、何でも食べさせてあげたい。
先日の「アニマストラス」もそうだが、「大高酵素」も始めた。
宍道湖のシジミも注文したよ。

パパさんとは、セカンドオピニオンについて話しあっている。

テナー、頑張ろうね。
アルトもメロも応援してるよ。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/08(金) 01:04:17|
  2. テナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altenermelo.blog22.fc2.com/tb.php/69-f592ecb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。