アルト一家の「のほほん日記」

愛犬アルトとテナーとメロディーの、ほんわか&のほほんとした日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

16日 アルト、K動物病院へ。

朝、アルトの体調も良さそうだったので、予定通り、テナーを診て頂いているK動物病院へ。
(どんな検査でも出来るように、アルトは朝から絶食です)

アルトの体重・・・32.4kg
体温・・・平熱
心臓の音・・・雑音なし

先生に、アルトのこれまでの病歴と今回診て頂きたいところのこれまでの処置と状態について簡単にまとめた物をお渡しして、先ずは鼻筋の左側の腫れ(しこり)を診て頂いた。

「確かに、見た感じで1番疑われるのは、歯周病等によって菌が入った為の炎症かな。だから、歯周病によく効くダラシンの処方は間違ってはないでしょう。ただ、薬が効いて炎症が治まっても、こういう炎症は殆どが再発するんです。1番良いのは、問題の歯や歯茎の処置をして炎症の部分をきれいにすること。アルト君の場合、1週間のダラシン服用でも変化が無かったというのが気になりますが、菌によって、そういうことがないこともないので・・。万が一、歯周病等からの炎症でないとなると、違う病気ということも勿論考えられるので、骨の状態も含めてきちんと調べましょうね。」

次に、左前脚の爪の付け根の出来物を診て頂いた。
「よく舐めたりしているということは、アルト君自身、この出来物が気になっているのね。これは、レントゲンを撮ってみて、指の骨まで影響がきているようなら、指の切断かな。骨が大丈夫なら、この出来物だけ切除して、組織検査。これも、きちんと処置しましょう。」

あと、左前脚の関節のところに出来た脂肪の塊のようなものと、他にもう一箇所ある同じようなプヨプヨしたものを診て頂いた。

「爪の付け根については、レントゲンを撮って、骨の状態をみましょう。鼻筋のしこりについては、歯科用のレントゲンもあるのですが、他にもしこりがいくつかあるので、CTを全体にとるのも1つの手です。」

出来る限り調べてもらって、処置してもらいたいので、私たちはCTを選択しました。

「今、お話した検査を1度にしてしまうのには無理があるので、先ずは、CTや手術が可能かどうかの検査(生化学検査、CBC、電解質、CRP、PT/APTT、エコー、レントゲン)と、足の指のレントゲンを撮り、別の日にCTを撮るというのはどうでしょう。」

私たちは、そのようにお願いしました。
そして、CTの時に出来る処置は、アルトの状態が許す限り、その時にしてもらいたいとお願いしました。

「検査が詰まっているので遅くなってしまうかもしれませんが、アルト君を預かれるのなら、今日、麻酔をかけないで出来る検査を全部してしまいましょう。そして、その結果をみて、CTについてもお話しましょう。」

私たちは、アルトを預けて、いったん帰宅。




「血液検査等、目立った問題はありません。エコー、レントゲンからも目立った問題はありませんでした。心臓の大きさも正常です。それから、脚の爪の付け根ですが、骨は大丈夫でしたよ。CTの結果にもよりますが、出来物の切除でいけそうですね。あとは、CTで鼻筋のしこりの状態や身体の状態を調べましょう。」

先生は「鼻筋のしこりが気なるので、出来るだけ早いうちにCTを撮った方がよいでしょう。」と、23日に、アルトのCT検査を入れて下さいました。

鼻筋のしこりは炎症である可能性が高いので(炎症でありますように!!)、念の為のダラシンを処方して頂き、帰宅。



アルトは、初めての病院で、いろいろな検査をしてもらったせいか、かなりお疲れの様子(笑)
出来るだけ良い状態で、23日のCT&処置が受けられるように、アルトの体調を整えなきゃ!!

「テナーの先生、優しかったよ♪」
疲れたびー


  1. 2008/04/19(土) 01:01:40|
  2. アルト
  3. | コメント:4

明日、テナーを診て頂いている病院に、アルトを連れて行きます

1週間、処方された薬を飲ませて様子を見ていましたが、腫れはひきません。
(写真では分かりにくいですが)
それどころか、最初プヨブヨと柔らかかった腫れ(?)が、少し硬めのしこりのように変化してきました。

「腫れ(しこり)の大きさに変化なし」
明日、テナーの先生に会いに行ってくるね~


本当なら、今日(15日)は、掛かり付けの病院に連れて行く予定だったのですが、何だか、また「別の薬で様子を見る」なんてことになりそうな気がして、パパさんとも、よく話し合い、明日、テナーを診て頂いている先生のところにアルトを連れて行くことにしました。

やはり、触診や経験だけでなく、検査等の客観的な根拠に基づいた診断をしてほしいし、今回の腫れ(しこり?)や、ずっと気になっている爪の付け根の出来物は、うやむやにしてはいけない物のように感じるのです。

ちゃんと調べてもらって、「大丈夫ですよ。」と言ってもらってこそ、本当にホッと安心出来るのですもの・・。

長い待ち時間が、アルトには心配ですが、明日、行ってきます!!
  1. 2008/04/16(水) 01:57:59|
  2. アルト
  3. | コメント:2

アルト、病院に行ってきました

昨日(7日)の酷い雨降りが嘘のように、今日は良い天気になりました。
アルトも元気そうなので、午後、病院へ。

「通院の途中の公園の桜」
桜も、あと少しだね~


「エヘヘ~」
病院に行く途中なんだよ♪


先生は、時間をかけて触診された後、「脚のしこりは、脂肪の塊だろうから大丈夫だと思う。」と、仰った。
鼻筋の腫れについては、「突然腫れたという事や、腫れのある部分側の歯に小さな穴が開いていたりするのを見ると、歯から細菌等が入って膿が溜まっているのだと思うが、腫れの骨に近い部分が少し硬い感じがするのがちょっと気になる。もし、腫れが骨の方からくるものだと厄介な病気ということもあります。」ということで、今日は、抗生物質の注射を打って頂き、1週間分の飲み薬(抗生物質)で、腫れがひくか様子を見ることになった。

「患部の皮膚が破けるか、鼻などから膿が出てくることもあるかもしれないが、膿が出てしまえば楽になるので、よく様子を見て下さい。」ということで、1週間後にまた通院です。

昨晩、私たちも色々と調べ、やはり、1番可能性が高そうなのは、先生が仰ったように歯周病からくる腫れというものでした。
ただ、今日は触診とこれまでの経験だけが根拠のお話でしたので、今後、腫れに変化がない場合(または悪化した場合)は、違う病気の可能性もありますから、その時はテナーが診て頂いている病院で検査してもらおうとパパさんと話しました。

処方して頂いた薬は、「ダラシン」・・・リンコマイシン系抗生物質

  1. 2008/04/09(水) 01:47:45|
  2. アルト
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。